ファクタリングの仕組みや専門業者の特徴について

ファクタリングとは、端的に言えば売掛債権を回収専門の事業者に売却して、早期の現金化を行う金融的手法の事です。
売却側となる企業にとっては、債権の期限を待たずに早期の現金化が出来る事によってキャッシュフローの流れを良くし、財務内容の健全化が図れるというメリットがあります。



更に借入とは異なる事業者へ売却出来る事から、メインバンクへの信用を落とさずに済むという側面があります。



加えて回収専門事業者のノウハウを活用出来る事で、回収率を高める事にも繋がります。

総じてリスクマネジメントの面から、近年になって好まれる手法となっています。

一方、ファクタリングの債権を引き受ける回収専門業者は債権の引き受けリスクを負う事から、額面より安い金額でこれを取得する事が可能となります。



拠って回収に成功した場合には、その差額を安定した利鞘として得る事が出来ます。

ですが裏を返せば、貸し倒れが発生した場合は金銭の流れが滞り兼ねません。
そこでファクタリングにおいては、債務者を含めた3社間契約を行う事が一般的です。


回収専門業者によって債務者側の査定も行われる事により、債権者・回収専門業者が互いにメリットを享受出来るような仕組みとなっている訳です。
加えて債務者にとっても、審査に叶う事で信用を高められるというメリットがあります。


回収専門業者は債務者の査定を行う段階で当該企業の情報を得る事が出来るので、更なる専門性の強化にも繋げる事が出来ます。
また債務者の状況によって債権者側へ一定の支払い保障を付与するといった、更なるサービスの提供も可能となっています。