キャッシュマネジメントに必要なファクタリングとは

大手航空会社の事業再生で利用された手法ですが、経営者はキャッシュマネジメントをどのように実施していくのかによって今後の事業継続を大きく左右します。なぜならば、損益計算書上では黒字の企業であっても、気がついたら現預金が不足しており黒字倒産してしまう例が相次いでいるからです。そのためには、売掛金を早期に資金化する仕組みが必要不可欠です。

飲食店などの即現金商売であれば問題ありませんが、通常の商取引であれば数ヵ月後の入金など実際の売上と入金には大きなギャップがあります。


一方で、営業活動に投資をして企業を成長させなければなりません。
しかし、その投資の資金はあくまでも会社の中から工面しなければなりません。

そのため、キャッシュフローをプラスに保たなければなりません。


これに大きく寄与するのが、ファクタリングという仕組みです。
大口の売掛金や小口に分散している売掛金をファクタリング会社に売却し、早期の資金化を図ります。これによって、売掛先企業の倒産に伴う回収リスクや資金効率を高めることが可能となります。



この数十年でファクタリングの取引金額は、約3倍となっているため今後ますます利用が増加する見込みとなっています。

特に大手企業が採用すれば、その下請けメーカーにもこの手法は広がっていくため日本全体で効率よく売掛金を資金化する仕組みが出来上がると考えられます。



もし手元の資金繰りに悩んでいたり、売掛金が回収できずに困っている場合には、ファクタリング会社に相談するの方が良いでしょう。